雑感日記

Actlessというバンドで歌ってます。

自然でいること

  書いては消して、書いては消してを気が遠くなるほど繰り返して、こんなに時間が経っていた。日記に腰を入れる必要なんて全くない。何事も発信しなきゃ始まらないよ、と誰かが言った。未熟な部分も誰かが愛してくれるよ、と誰かが言った。そもそも誰も気にしてなどいないよ、と誰かが言った。そりゃそうだ、と思うけれど、誰よりも自分を気にしているのは自分自身だ。何か書こうとすると、「おいおい、そりゃ違うんじゃないか」とつっこむ自分、「誰かを傷つけるんじゃないか」と注意する自分、「まだまだ足りんなぁ」となぜか上から言ってくる自分、全てをクリアした発言など一生かかってもできないな、と思い、少し酒を飲みながら、肩の力を抜いてこの日記を書いています。

  日記というより後記。しばらくライブが続いた。先々週の大阪、名古屋は初めての遠征、何かを掴んで来た実感ももちろんあるけれど、何より楽しかった。「楽しかった」で終わらせてはいけないことなど百も承知で、「楽しかった」以上に大事なことなんてないんじゃないかと思う。努力することも、何かを我慢することも、その先に「楽しい」が待っているからやる、というのが一番自然で、バンドは結局自然であることが一番だと思う。名古屋で食べた味噌煮込みうどんは本当に美味かった。

 

  必死で動いていないと急に不安になることがある。体が疲れていない時ほど、色んなことが怖くなって心が疲弊する。朝5時に東京を発って、ライブをして翌朝4時に東名高速を運転している時など、体とは裏腹に心はいたって健康だった。つまらないことで頭を悩ます暇もなく目の前には圧倒的な現実があって、慣れない運転で気を抜いたら死ぬ。そんな状態の方が居心地がいいのかもしれない。
  実感としてある以上に、自分は脆く弱い。そんなことを言い出すと鼻で笑われるけれど、僕はそうやって笑う人を鼻で笑っていなければならないらしい。ステージの真ん中に立つ人は断定的でなければいけないらしい。「これからも俺らについてこいよ」「俺がお前を変えてやる」がかっこいいこともよく知っているし、そうありたくてバンドを始めた節さえある。だけど絶対に僕はそれにはなれないし、今ではそんなことを断定的に言える人間が苦手だ。と、ちょっと断定的に言えたところで、今日は終わり。